葉酸の摂り過ぎもよくない?1日の摂取量は?

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれる栄養で、血液の健康にとっても欠かすことができないものです。

 

摂り過ぎてしまうと弊害になるおそれがありますが、不足しても非常に困ったことになります。妊婦にとっては特に重要な栄養とされるものですから、摂取量も定められています。

 

厚生労働省が定める基準によれば、一般の成人男子や成人女子の場合であれば1日で200μgの摂取量が定められていますが、妊婦の場合であれば400μgも必要とされています。

 

普通の食生活で摂り過ぎになることは珍しいものですが、レバーばかりを食べていると過剰摂取になる可能性はあります。

 

葉酸は牛や豚のレバーに特に多く含まれるものですが、レバーには鉄分も豊富に含まれるため、貧血予防のために食べることが多い食材としても有名です。

 

レバー料理で葉酸の摂り過ぎを防ぐためには、野菜の量を多くすることが有効となります。

 

肉類や魚貝類に加えて、野菜もバランスよく組み合わせた食事をしていれば摂取量の上限を超える可能性は低くなります。

 

摂り過ぎはよくありませんが、不足することも大きな問題になりますから、栄養計算を正確に行うことが大切です。

 

葉酸を絶妙なバランスで摂取できれば、一般の人にとっても妊婦にとっても健康を維持することが容易になります。

私も飲んでるベルタ葉酸サプリはこちら