神経管閉鎖障害の症状と予防方法とは?

神経管閉鎖障害とは、先天的に脊髄や脳が上手く結合していない状態の事です。

 

この神経管は、胎児の初期の時点で形成されるので、かなり早い時点で対策しなくてはなりません。

 

この障害に対しての予防効果を持つ栄養素が、葉酸という水溶性のビタミンです。

 

ホウレン草の葉から発見されたものであり、緑黄色野菜に多く含まれています。美容と健康に多様な効果を期待できる事から注目を集めている栄養素です。

 

葉酸は、このために妊娠を考えている女性にとっては非常に重要な栄養素として認識されており、厚生労働省では通常時の2倍近い量の摂取を推奨しています。

 

妊娠初期の状態を明確に自覚する事は出来ないので、計画段階から摂取しなくてはならないからです。つまり、神経管閉鎖障害とは、前もっての準備が必要な障害という事になります。

 

神経管閉鎖障害とは、具体的には下半身麻痺や奇形等が起きる症状です。

 

葉酸がこの症状に対して有効なのは、細胞の新生を促進する作用があるからであり、リスクを軽減する事が可能となります。

 

この作用は、胎児の育成自体に対しても有効であるので、妊娠初期の段階だけではなく継続して補給する事が必要となります。

 

これが、妊娠を計画している女性に対して葉酸が推奨されている理由です。

私も飲んでるベルタ葉酸サプリはこちら