無脳症の原因と予防とは?

無脳症とは、神経管障害のひとつで、葉酸不足などが原因で脳が正常に形成されなくなった状態のことです。

 

無脳症とは、高齢になってから妊娠をした女性に起こることが多く、ほとんどの場合は流産をするか死産になります。

 

無脳症がわかると、治療法がないため、医師から人工妊娠中絶を勧められますが、大きな心の傷になってしまいます。

 

無脳症とは、神経管障害のひとつなので、胎児に必要な栄養素である葉酸をきちんと摂取することで、病気を予防できます。

 

妊娠に気付いたら、ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜を積極的に食べるようにしたり、サプリメントで補うようにして下さい。

 

葉酸は、水に溶けやすく、熱に弱いという性質があるため、サプリメントを利用するようにすると、一日に必要な量を摂取することができます。

 

妊娠初期の女性は、悪阻などの影響で食事が思うように食べられないことが多いため、貧血を予防するためにも葉酸は、大切な栄養素になっています。

 

無脳症とは、胎児の脳が順調に育たないので、ほとんどの胎児が死亡してしまう怖ろしい病気です。

 

健康で元気な赤ちゃんを出産するために、栄養バランスの良い食事を摂るようにしたり、過度なストレスを溜めないことが大切です。

私も飲んでるベルタ葉酸サプリはこちら