葉酸の特徴と摂取について

妊娠初期、赤ちゃんの健康な成長に欠かせない栄養素として、高い注目を集めているのが、葉酸です。

 

葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種で、健康な細胞を作る為に必要な成分です。

 

妊娠をすると、お腹の中で、卵子は活発に細胞分裂を始めます。

 

その際、葉酸が不足すると、二分脊椎症など、先天性疾患の原因となる可能性があります。

 

ですから、妊娠中はしっかりと摂取したおく事が大切とされますが、葉酸とは水溶性のビタミンの為、摂取をしても、その時点で必要な量だけを体内に残し、すぐに尿と一緒に排出されてしまう成分です。

 

ですから、一度に大量に摂取をしても、体に溜め込む事はできません。

 

更に、葉酸とは、とても壊れやすいという特徴を持った成分です。

 

食べ物にも含まれていますが、水洗いや加熱など、調理の過程で壊れてしまう事が多い成分で、食べ物からは、希望するだけの量を摂取する事が大変な事も珍しくありません。

 

ですから、葉酸を摂取したいと考えた場合は、葉酸サプリメント等がお勧めです。

 

過剰摂取は良くないと言われる事もありますが、サプリメントの摂取量を守っていれば、1日の摂取量を超えることはありません。

 

摂取量を超えたとしてもすぐに体外に排出されるという特徴のある栄養素なので、簡単には過剰摂取にはならない成分といえます。

私も飲んでるベルタ葉酸サプリはこちら